ロゼワインの製法は?ワインを楽しく、おすすめを探す方法

ロゼワインは未成熟な赤ワインではありません

たしかにブドウの皮を用いる点では白とは異なるものの、製法は赤ワインのように果皮や種子を必ずしも漬け込むとは限りません。
もちろん赤ワインと同様の発行手順を踏む方法もあり、ある程度着色した段階で果汁を抜き取るかまたは果皮などを分離するかします。
この他にも白ワインと同じ手順で後からブドウの色素を加える方法、赤と白をブレンドする方法jもあります。
つまり未成熟な赤ワインではありません。
ロゼワインの製法それぞれによって微妙に味が違い、赤と同じ手順を踏む場合は渋味や苦味、酸味が強くなる傾向があります。
とはいえ発酵途中で皮などを取り去るので、赤の特徴を活かしつつもクセが少ない風味を堪能できます。
色素を加える直接圧搾法は果皮をつぶしませんから余計な渋味が発生しません。
ブレンドするやり方は本来のロゼの製法ではなく敬遠されがちでしたが、安価なワインに対抗するため認知されつつあります。
ワインを選ぶ基準にボディや甘みがあります。
ボディは具体的な指標があるわけではなく、感覚的な深さを表します。
一般的にはアルコール度数と渋味を基準にいう場合が多いようです。
とはいえ、フルボディならばアルコール度数が高いワインと単純に決めているわけではなく総合的な判断で決定しています。
ミディアムやライトと比較したとき渋味や香り、色が濃厚で深い点に特徴があり、ブドウもタンニンが多い品種を使用していることが多いでしょう。
対照的なワインがライトボディでアルコール度数も低いですし、果皮独特の味わいが抑えられているので日頃飲まない人にはぴったりです。
ライトでは物足りない人にはミディアムボディがおすすめで、フルとライトの特徴を巧みに活かしているので、どんな食事にも合いますしワインの味も楽しめます。
ボディとともに大切な要素が甘みです。

ロゼワインとはどんな製法で作られ、赤や白とどう特徴が違うのかロゼワインは未成熟な赤ワインではありません赤や白、ロゼワといろいろ試して美味しいワインを探してみましょう